So-net無料ブログ作成
脱毛法2 毛抜き ブログトップ

高校生になってからの処理 [脱毛法2 毛抜き]

高校生になってからの処理は 中学生の時と同じですが、

それに 毛抜きが加わりました。


鼻の下の毛は 小学生の時から 床屋さんで剃ってもらっていましたが、
さすがにはずかしくなってきて、母の剃刀で自己処理。

こちらは脚にくらべたら、全体が太くなることはありませんでした。

が、時々口角付近のでてくる太い毛を毛抜きで処理している感じ。



毛抜きの良い点は、一度抜くとしばらくは毛が生えてこないんです。
毛根付近から するっとぬけるので、次が生えるまで時間があるのです。

実際には 毛周期というものがあって 2~3か月ごとに生えてくるサイクル
らしいので、時間差で生えてきた毛をまた処理していました。


そのうちに 脚の毛も抜いてみようか・・・と思い、
毛抜きで処理をはじめました。

ちょっぴり痛かったけど 処理をしないで済む期間が長くなって
ほんと嬉しかったの。


でも ふくらはぎは皮膚が薄いからめちゃめちゃ痛くて、
処理をするのは大変で、半べそかきながら、
なんで私だけこんなことしなきゃいけないの・・・と
静かに泣きながら 処理していたこともあったんです。

自分の体にコンプレックスを抱いていました。

なんで、なんで、みんなはきれいなの・・・と。


母に相談していましたが、今思うと きっと母も悩んでいる私をみて、
同じように苦しい気持ちでいたのだろうな~って思います。

誰の責任でもないのですが、どうにもならないもどかしさを
抱え込んでどんどん 落ち込んでいました。


制服のスカートの丈が みんなよりも長かったのはそんな脚を少しでも隠すため。

周りの子が 彼氏だ恋だって騒いでいても 私には無縁だってそう思っていました。


異性にこんな身体を見られる恐怖から 恋愛にも奥手になってしまったんです。


男女共学であるがゆえに、こんな私にも アピールをしてくれる男の子も
いましたが、全く気にも留めないふり、気付かないふりをして ごまかすことさえして
いました。

本心は 恋だってしたいし、彼氏だってほしかった。

でも その先を考える自分がいて そんな思いをするなら
いっそ恋なんて封印してしまおうと思っていたのです。


悲しい高校時代だったと自分でも思います。

もし、あのころに戻れるなら・・・好きな人に告白してみたかった。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
脱毛法2 毛抜き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。